【懸賞金億超え】幼少期の子ども五条悟・見つめるだけで呪詛師震え上がる(呪術廻戦96話)

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)本誌95話では、オガミ婆と孫との対戦で猪野の術式降霊術と判明。
虎杖悠仁、伏黒恵は何故かダメージを食らわない粟坂に悪戦苦闘。

96話では、五条悟が生まれるまで、粟坂とオガミ婆は呪詛師としての人生を謳歌していた事。
五条の誕生をきっかけに人生を狂わされた2人は恨みを原動力とし、虎杖と伏黒の前に立ち塞がります。

⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌96話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦96話のネタバレ

前回までのあらすじ

猪野は七海の推薦での1級昇格にこだわる
猪野の術式判明。降霊術でオガミ婆と孫と戦う
虎杖と伏黒は粟坂にダメージを与えられない
オガミ婆は降霊術で孫に禪院甚爾を憑依させる

第96話『渋谷事変14』

人生を謳歌する粟坂、オガミ婆

1989年12月7日 五条悟が誕生する。
オガミ婆は、呪詛師として人生を謳歌していた。
ある家庭の娘を殺し自分を憑依させ、娘の父をも殺す。
なぜなら降霊術を降ろすのには死体が必要だったから。

一方粟坂は、人間を殺し呪詛師として人生を謳歌していた。
人を殺す仕事、呪詛師として人体の仕組みは理解しなければならなかったのだ。

2人は自由に呪詛師として楽しんでいた。
年々活発になる呪霊の相手で手一杯の術師。
上手く立ち回われば呪詛師は楽に稼げ自由気ままに生きていたのだ。

五条悟誕生により呪詛師界隈は狂わされる

しかし事態は一変する。
数年後、五条悟という五条家に生まれた六眼もちの子供がいる事を知らされる2人。
その貴重さ故、幼き頃から億を超える懸賞金を掛けられていた。

稼げると知ったオガミ婆、粟坂は早い者勝ちで五条を殺そうと計画。

しかし、街中で五条を見つけた2人は、一目見ただけで体の震えが止まらず殺す事が出来なかった

年々力を増す呪霊の原因は五条悟の存在であった。
五条悟が産まれた事により世界のバランスが変わったのだった。

オガミ婆も粟坂もずっと自由だった。
しかし晩年にして五条悟の存在によって全てを狂わされたのだ。

その恨み憎しみを原動力とし、渋谷事変で戦うのだった。

恨みを思い出し戦闘する粟坂、対抗する虎杖、伏黒

粟坂は憎い存在五条悟を思い出しながら虎杖、伏黒と戦い続けていた。

粟坂は接近戦で虎杖、伏黒と戦い楽しんでいた。
粟坂は生涯現役、死ぬまで弱者を蹂躙(じゅうりん)するつもりだった。

虎杖、伏黒は接近戦で100%の力で戦い続けているのにも関わらず
粟坂がダメージを受けないこと、タフすぎる事に疑問を抱いていた。

十中八九粟坂の術式によるものだと考えていた伏黒は何かを思いつく。

五条悟が渋谷に来ている事を伝え帳の基を置いて逃げたらどうだと仕掛ける。

粟坂は五条が封印されたから呪詛師がはしゃいでる。五条が元気ならここに居ないと断言する。

伏黒は粟坂の発言から、粟坂の術式は無効化ではないと推測。
無効化の術式であれば、本来五条とも互角に戦えるはずだからだ。
しかし五条には勝てないと発言している事から別の術師であると確信するのだ。

粟坂の術式が分かった伏黒

なにかに気づいた伏黒。
脱兎を大量に発生させ、粟坂を取り囲む。

虎杖には一旦下がるよう指示をし、粟坂の術式が判明した事
そして粟坂への攻撃について作戦を虎杖に伝えるのだった。

97話に続きます。

呪術廻戦96話の考察・感想

96話感想

今回は五条悟と呪詛師の関係性やバランスについてよく分かる回でした。
五条が産まれた事によりバランスが崩れた呪詛師界隈の
恨みはとても大きなものでしたね。

五条の六眼と懸賞金について考察

恐らく五条が持っている能力の1つ六眼は五条家でもかなり珍しいものであったと考えられます。
五条家は元々無下限呪術を相伝としています。

しかしながら、無下限呪術と六眼の組み合わせを持った人物というのは殆ど居ない。だとすれば、多額の懸賞金を賭けられるというのも納得がいきます。
懸賞金の金額からしても、五条に勝つより殺されるリスクが高い。そういう事も関係してるのではないのでしょうか。

天内理子が多額の懸賞金を賭けられ、呪詛師から狙われていました。そのように、五条もまた貴重な存在であったことが考察できます。

五条がいる事による呪詛師界隈の弊害について考察

五条が産まれ、多額の懸賞金を賭けられていました。が、粟坂とオガミ婆は一目見て怯んでしまいました。

子供である五条なら本来勝てるはず。にも関わらず、粟坂やオガミ婆、そして呪詛師界隈に弊害が及んだ理由としては、六眼と無下限呪術を持ち合わせた五条というバケモノ。

そんの存在に、勝てるはずがないと一瞬で理解したからでしょう。

五条が呪術師最強と言われる理由もここから来ているかと思われます。

五条への恨みについて考察

粟坂やオガミ婆は五条にとても強い恨みを持っていました。
その理由は、彼らが、呪詛師としての自由を一瞬で奪われた事によるもの、だと考えられます。

五条の存在を知るまでは自由気ままに人間を殺したり、降霊術に使う死体を集めていた2人…。

しかし、五条の存在によってそれが出来なくなった事が大きいと思われます。

しかし、今回五条が封印された事。それは、以前のように人生を謳歌できるのではと確信した2人

渋谷事変に参加したのは、五条が居ない世界をまた謳歌できると考えたからでしょう。

粟坂の術式について考察

伏黒恵は粟坂の術式が無効化ではないと考えていました。

無効化であれば五条の無下限呪術も無効化になる。
その結果、実質最強になります。
しkさい、非常に五条を恐れている事から無効化ではないなにかがある…。

そして、特級にも効くはずの玉犬の爪や虎杖の100%の力で攻撃してもノーダメージでした。

そのため、恐らく限りなく、粟坂は0に近い攻撃をする方がダメージを喰らう可能性が高そうです。

理由はまだ分かりません。

しかし、伏黒が比較的弱い攻撃をする脱兎(だっと)を発動した事から、その可能性は高そうですね。

今後の展開予想

伏黒が粟坂の術式について分かっていました。
虎杖にそれを共有し、恐らく粟坂との戦いは終盤を迎えそうです。

オガミ婆と甚爾を憑依させた孫と猪野の戦いは恐らくこれから。

甚爾の能力を憑依された孫が継いでるのであれば、かなり苦戦すると思われます。

猪野の降霊術の三番、四番は確実に発動しそうです。

97話も楽しみですね。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #渋谷事変


関連記事