呪術廻戦107話で禅院家当主・直毘人vs陀艮(だごん)戦闘開始!ジジイがスピードで圧倒

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)本誌106話では、虎杖にトドメをさそうとした脹相の脳内に突如存在しない記憶が流れ出す…。
それは脹相にお兄ちゃんと笑う虎杖の記憶だった。
脹相は混乱状態に陥りその場から逃げ出す。
残された瀕死の虎杖の元に美々子と菜々子が現れる。
禪院班は完全体となった陀艮(だごん)との戦いが始まる。

107話では、水を操る陀艮との戦い。先頭を切って戦うのは禪院直毘人(ぜんいんなおびと)であった。
直毘人のフレーム化の術式を使い高速で攻撃をしていく。

陀艮は腹部に印を出し、領域展開をするのだった。

⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌107話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦107話のネタバレ

前回までのあらすじ

・脹相の脳内に存在しない記憶が溢れ出る
・それは脹相、壊相、血塗と共に笑い合いお兄ちゃんと呼ぶ虎杖の姿だった
・虎杖の前に菜々子と美々子が現れ何かをしようとする
・七海は禅院真希と直毘人と合流。渋谷駅地下へ
・陀艮と遭遇。フレーム化する術式を高速で使う
・陀艮は呪胎から完全体へと進化する

第107話『渋谷事変25』

完全体の呪霊へと進化した陀艮

渋谷駅構内で陀艮と退治する七海建人、禅院直毘人、禅院真希。
陀艮は大量の水を噴射し、真希の腰あたりまでが水浸しとなる。

それは伏黒の万象の非ではなかった。地下であったら溺れ死んでいたと真希は思っていた。

物怖じせず戦いをフレーム化の術式で戦い続ける直毘人。
陀艮にアニメーションが1秒に何フレームあるか問いただす。

一方の陀艮は自分たち呪霊には名前があり、自身は陀艮という名前だと説明。

直毘人はフレームレートについて話続けており、
「フレームレートの種類がある事を不粋だと思わないか」と言う。

両者の話は全く噛み合っていなかったのだ。

その隙に七海が術式で攻撃をするが、振り切られてしまう。
さらに真希の攻撃も読まれていた。
直毘人がフレーム化の術式で畳み掛ける事でどうにかなった。

七海はダメージがないというより、HPが果てしない感触だとため息をつく。

それを見た直毘人は、「1級が2人も揃って払えんとは由々しき事態だ」と笑うのだった。

それもそのはず。
真希は直毘人のサポートがなければそのまま死んでいたからだ。

スピードで潰し始める3人


陀艮が水の防壁を作り出す術式だと察知する直毘人。
呪力過多、術式もまだまだあると予測する。

それならばどうするか。
3人は陀艮が術式を出せない速度で攻撃を開始する。

3人で畳み掛け陀艮に攻撃をしていき、作戦通り術式が出せない陀艮。
攻撃回避のために空中に逃げるが、それは直毘人に読まれていた。

陀艮に蹴りをいれて、地上へと叩き落とす。
直毘人は、吹っ飛んだ陀艮の先回りをして、殴りかかる。

余りにも早い速度で畳み掛ける直毘人に、陀艮は全く術式が発動できないどころか床に打ち付けられる。

恐らくその速度は漏瑚よりも早いのだった。

術式発動出来ない陀艮の作戦

相変わらず速度で畳み掛ける直毘人にどうにか隙を作って
術式を発動させようとする陀艮。

そうはさせないと腹部目掛けて叩き潰そうとする直毘人だったが何かに気づく。

陀艮は突如腹部に花のような印を滲みだし「領域展開」と呟く。
すると南国の海が目の前に広がるのだった。

108話に続きます。

呪術廻戦107話の考察・感想

107話感想

陀艮が完全体となった事で水を使う術式を持ってる事が判明しましたね。
更に禅院直毘人の術式にもかなり関わる言葉も登場しました。
相変わらず早い速度の直毘人はさすがでした。

そして陀艮の領域展開も気になるところですね。

噛み合わない陀艮と直毘人の台詞について考察

一見この二人の会話は全く噛み合っていませんが、ある共通の事を話しています。

それは種類に関する事です。
直毘人はフレームレートに色々な種類があるのは不粋だと話してました。

一方陀艮は呪霊にも名前、つまり呪霊にも種類があると主張していましたね。

この事から直毘人は呪霊に対してもフレームレートに対しても種類があるのは不粋と考えており
陀艮は呪霊を全て一緒にするなという意思が見えます。

呪術師にとっては、呪霊は呪霊であるが、呪霊からしてみたら呪霊にも名前があり意思もそれぞれある、
という対比の会話だったのかと予測できます。

直毘人の術式について考察

陀艮との会話でアニメーションやフレームレートの話が浮上しました。
これは確実に直毘人の術式が絡んでると予測できますね。

恐らく106話で考察した通り、間違いなくアニメーションや映画関連で使われる24~30fpsの術式であると思われます。

何故24~30fpsかと言うと、現在の映画やアニメーションは基本的にこの位の速度で作られており
人が見てスムーズな動きに見えるのが24~30fpsだからです。

今後こちらについては詳しく説明がありそうですね。

陀艮の領域展開について考察

陀艮の領域は南国の海のようなものでした。
これは、偽夏油や真人達が作中で渋谷事変等の作戦を話す時によく居た海にそっくりです。

恐らく普段から偽夏油達は陀艮の領域展開に身を潜めていたのではないのでしょうか。

また真希が伏黒の万象の比ではない量の水量だと言っていた事から
領域展開では、海の力が大きく関わりそうですね。

陀艮の呪胎時の姿もタコのようなものでしたので、
花御が森や草木を守る呪霊だったように、陀艮は海を守る呪霊であると予測できます。

今後の展開予想

領域展開におそらく3人とも巻き込まれています。なので、陀艮の攻撃は確実に当たる事が分かっております。

しかし五条のような領域展開や、三輪等のように簡易領域が出来る人間がいるのかは
まだ不明ですので、かなりピンチである事が予想されます。

今後が楽しみですね。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #渋谷事変


関連記事