呪術廻戦153話にて呪術高専3年の秤(はかり)金次と星きららが登場、二人の術式も考察【最新ネタバレ】

呪術廻戦本誌153話のネタバレ考察ですが、ついに呪術高専3年の秤金次(はかりきんじ)が登場。さらに、これまでファンブックのみで明かされていたもう一人の呪術高専3年生・星綺羅羅(ほしきらら)が初登場。
153話のネタバレと秤金次、星綺羅羅の術式考察までまとめています。
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌153話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦153話ネタバレ

152話では、真希真依の母に一撃を喰らわせる真希。
そして仕留めが甘かった直哉は真希の元へ向かおうとするが、真希真依の母によって刺されて息絶えてしまう。

事を片付けた真希は西宮に真依の遺体を託しその場を去る。

呪術廻戦153話では、遂に秤金次(はかりきんじ)を戦力にいれる為動き出す虎杖と伏黒。

秤と同じく、3年の星綺羅羅(ほしきらら)の登場により展開が変わってくるのだった。

前回までのあらすじ

・幼少期、甚爾を見た直哉
・真希との戦闘を繰り広げる直哉
・最高速度で攻める直哉
・不知火型を発動する真希
・投射呪法を理解した真希の圧勝

呪術廻戦本誌第153話

秤に会いに行く虎杖と伏黒

天元曰く秤は栃木県の立体駐車場跡地にて賭け試合の胴元として金を稼いでるという。

秤が行っている賭け試合は術師同士の殴り合いであった。

客は非術師の為思いっきり呪術規定8条の秘密に抵触していると伏黒は言う。

天元は虎杖、伏黒に呪詛師も参加している可能性があるため用心するよう伝える。

虎杖と伏黒は、高専の人間だとバレない為着替えをしていた。

なぜなら秤は上層部と揉めて停学しており、呪術規定も違反している。

その為高専関係者とバレてしまったら逃げられる可能性がある為

確実に戦力になってもらう為に高専関係者では無いよう装うのだった。

栃木県立体駐車場跡地にて

立体駐車場跡地に着いた虎杖と伏黒。

そこにはガラの悪い男2人組がおり、溜まり場には2人は向かないと追い払おうとする。

しかし伏黒は「金がいる、賭け試合に出場させてくれ」と話し始め、男に殴られかけていた。

男は誰にその話聞いたのか伏黒に問いかける。

伏黒はブラフで「名前は知らない、殺したから。1月前に威勢が良いだけのクズが居ただろ」

と男たちに話し始める。

男たちも1月前に「コンドー」という男が消えてる事から

伏黒と虎杖を胴元に確認し試合に出す事を決める。

その話を聞いていた虎杖は、伏黒の嘘の発言について

秤という名前を出したら会わせて貰えない事を察し黙っているのだった。

男たちは試合に出るのは虎杖と指定する。

胴元が伏黒は気に入らないからだったが、伏黒としては好都合であった為了承。

その後その場を1度離れた虎杖と伏黒。

秤は防犯カメラで見ていた事について気づいていた。

高確率で秤が立体駐車場跡地に居ると予想する。

伏黒は虎杖に試合に参加をし内側から探りを入れる事を提案する。

伏黒については、探りを入れられている可能性があり

伏黒が立体駐車場跡地に潜入してしまうと虎杖への信用もマイナスになる可能性が高いと判断。

最悪秤と接触が不可能になる事も考えられるため慎重になっていたのだ

とはいえ伏黒も津美紀の死滅回游の宣誓期限が近いため

可能な限り潜入を試みると虎杖に伝えるのだった。

虎杖の賭け試合のルール

立体駐車場跡地。

男は虎杖に賭け試合のルール説明をする。

1.逃げるな

2.術式は使うな

この2点がルールだった。

男に何故術式を使うか問いかける虎杖に対し、男は客の殆どが

非術師である為術式が見えない。そんな勝負をされても盛り上がらないと言う。

逃げるなについては、客の見える範囲で戦うという意味であった。

虎杖は胴元がどんな人が問いかけるが会えばわかると説明される。

続いて試合には2種類あると男はいう。

虎杖が参加するトーナメント戦のような脚本無し(ガチンコ)

もう1つは脚本あり(八百長)だと言う。

脚本は胴元である秤が描いている為上手くアピールすると秤本人から声かけられるかもなと

男は虎杖に説明をするのだった。

それに対し虎杖は派手に暴れればいいと確信する。

虎杖の対戦相手はパンダ

駐車場の上には無数の観客、下には対戦相手が並んでおり

虎杖の相手はまさかの呪術高専2年のパンダであった。

ついに始まる賭け試合だが一方監視カメラで秤と女がそれを監視していた。

秤は虎杖の事を知らないためパンダが勝つと予想しており、パンダの勝利を確信していた。

しかし実際はパンダと虎杖は知り合いの為、お互いに協力しあいながら嘘の試合をし始める。

虎杖はパンダにこっそり秤に会えたか確認する。

するとパンダはまだ会えて居ない事、もう1人の3年の術式により避けられていると話す。

パンダは虎杖が高専関係者と隠してる事を察しており

わざと虎杖に負けるのだった

ついに存在を明かす秤、そして星

虎杖の勝利を監視していた秤は、賭け試合の参加者である男に
トーナメントが終わったら虎杖を上に上げろと指示する。

秤は虎杖が上階の客を魅せるために意識して立体で動いていた事を察し、
いい脚本がかけると男に話していた。

そして秤の隣にいるのは同じく呪術高専3年の星綺羅羅だった。

秤と通話をしている男の横には陰で隠れつつ潜入する伏黒の姿

秤はそれに気づいておらず伏黒に警戒するよう伝える。

そして星にも警備をさせると言うのだ。

秤は虎杖に登場により心をざわつかせていた。

呪術廻戦153話感想

ついに秤と星が登場しましたね。

FBでは3年が秤だけではないかもしれないと話していたところから、伏線回収したなという印象でした。

そして虎杖を気に入っていた秤は今後どうするのか楽しみですね。

呪術廻戦153話考察

秤の賭け試合について考察

秤は呪術規定を破り賭け試合の胴元としています。

学校停学していたのも、恐らくこの賭け試合をしている事が

上層部にバレていた為と考えられますね。

ただ停学だけで済んでるのには何らかの理由が絡んでると思うので

今後明かされていきそうです。

呪術規定について考察

伏黒が秤の行っている賭け試合は呪術規定の秘密に抵触していると話していました。

この規定については本誌で明かされてはいないのですが

恐らく非術師に術師とバレてはいけないという規定があるのではないのでしょうか。

術式を使うのが非術師には見えないとは言え、術師同士の殴り合い

つまり術式を見せる行為は規定に反するのかもしれませんね。

パンダが試合に出ていた事について考察

パンダも何故か秤の付近に来ていましたが、これはパンダが秤と顔見知りである事から、事前に天元から指示されていたと考えられます。

恐らく先に賭け試合の事は聞いており、夜蛾の死以降栃木県に向かい、虎杖と伏黒が潜入しやすいようにブラフを張っていたと考えられます。

秤の術式について考察

八百長の脚本が書けるという事が明かされていましたが
秤(はかり)はその脚本を作り出せる術式を持っている可能性が高そうです。

死滅回游において秤が必要とありましたが、死滅回游での戦闘の際に
脚本の術式を使えば高専側が勝てるような脚本を作れる可能性があるからです。

もしくはFBでもコンプラ的にタブーとあった為賭け事についての術式の可能性が高そうですね。

星綺羅羅について考察

綺羅という名前に

有権者、優れた人という意味合いがある

為、星は恐らく高専内でも優等生として扱われていたと思われます。

しかし秤と共にしている=賭け試合に関与している事から既に優等生ではない可能性が考えられます。

また名前からきらきら星が連想されますが

フランス語訳では恋の歌となっており、その歌詞の中に「彼のせいで踏み外した」というものがあります。

秤の元カノの話を嫌がっていた事も含めると星は秤の彼女である可能性が高く
また、秤のせいで優等生という立場から踏み外したのではないかと考察できます。

そして星の術式についてですが、パンダが虎杖と戦闘する際に

星の術式絡みで秤から避けられていると発言していました。

更に監視カメラの描写に複数の音符が散りばめられていた事から
音で監視をする術式を持っているのではないかと予測できます。

術式については今後明かされていくかと思いますが、秤の賭け試合に非常に役立つ術式を使っている可能性が高そうですね。

呪術廻戦154話以降の展開予想

虎杖と秤の接触について明かされていくと思います。
また伏黒が影に隠れて潜入している為、内部事情もどんどん明かされるのでは無いのでしょうか。

また未だ狗巻についてどうなっているか描写されていないので
そろそろそちらについても話が進んでいくかと思われます。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #呪術廻戦ネタバレ


関連記事