呪術廻戦123話のネタバレ考察・真人は想定外の釘崎の強さにビビりだす…【渋谷事変41】

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)122話では、ラウンド2に入った2人。
虎杖は真人の攻撃を回避していくが、改造人間に翻弄されてしまう。
更に真人は2人に分裂していた。

虎杖との戦闘中にもう1人真人が虎杖の精神を破壊すべく釘崎と接触。
釘崎と分身した真人の戦いが始まっていた。

呪術廻戦123話では、真人の攻撃を押される虎杖。
一方、釘崎も分身の真人にダメージを与えることができず、苦戦していた。
しかし、釘崎の戦略で共鳴りで真人の魂にダメージを与えることに成功したのだった。

⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌123話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦123話のネタバレ

前回までのあらすじ

● 真人と虎杖の戦闘が続く。
● 真人は虎杖のメンタルを壊す作戦を実行。改造人間に苦戦する虎杖
● 真人は2人に分身している
● もう1人の真人は釘崎と戦闘。釘崎を殺そうとしていた

第123話『渋谷事変41』

釘崎の覚悟

23:14 松濤文化村ストリート

真人との戦闘前、負傷していた新田と釘崎がやり取りをしていた。

釘崎は負傷によって今後の戦闘を止められていた。
新田が家入が渋谷に待機してる事、救急隊員が来るのが遅かった事は
釘崎が無茶をしない為だった。

釘崎もそれには気づいていたが、虎杖と伏黒を残して帰れないと
また渋谷に向かうのだった。

真人に苦戦する虎杖

虎杖は真人と対立していた。

真人は虎杖から逃げつつ、駅にいる人間を次々と改造人間へと変えていく。

真人を追いかける虎杖に対して、殺したばかりの人間を投げつける真人。
虎杖はその人達を受け止めつつその場から吹き飛ぶ。

「大丈夫か?」と声をかけるが真人によっめ改造人間にされていたのだった。

その改造人間は虎杖の目の前で破裂。
大量の返り血を浴び、虎杖は返り血によって瞼が開けられなくなっていた。

そして真人は虎杖の背後に迫り攻撃をしようとしていた。

釘崎と分身の真人の戦い

真人との戦いを続ける釘崎。
釘崎は真人の手に触れないよう戦闘していた。

しかし釘崎の目の前にいる真人は分身である為
無為転変や改造人間を弄ることは出来なかった。

その事を知らない釘崎は真人から距離を取りつつ戦闘をする。
虎杖のように真人の魂を干渉するものではない為
釘崎の目の前では形を変える作戦を立てていた。

勢いが増す分身の真人は、釘崎の左肩を切りつける。真人には攻撃が効かない、それでも立ち向かってゆく。

釘崎の攻撃

釘崎は分身の真人から距離を取り目の前のビルに登り真人の目の前に釘を撒き始める。
そして簪を発動する。
更にビルから飛び降りつつ2回目の簪を発動させる釘崎。

すると真人は簪にて身体を釘で刺される。
1度目の簪は落とした釘の先端を上に向ける為だったのだ。

釘崎は畳み掛けるよう真人の上に飛び乗り
頭部に釘を打ち付けようとする。

釘崎は真人の術式を聞いた時から「これは聞くかもしれない」と言う。

釘崎は無策だったのでは無くもう分身の真人を油断させる作戦だったのだ。
釘崎の作戦は成功し、共鳴りによってもう1人の真人の頭を貫くのだった。

真人本体にもダメージが通る

視界を返り血によって遮られていた虎杖だったが、
真人の身体が突如釘で刺され吐血もしてしまう。
虎杖はそれが釘崎によるものだと瞬時に判断。

釘崎は、本来共鳴りにより真人の肉体を通し、魂を打ち抜く作戦だった。

しかし共鳴りは分身を通して本体の魂を捉える。
そして本体の受けた魂のダメージは再び分身にフィードバックしたのだった。

真人はまさかの事態に困惑。
自分の天敵は虎杖悠仁だけではなかったと気づく。

そして釘崎はある異変に気づく。

・少し離れた所で自分の呪力が爆ぜる感覚がした事。
・目の前に居る真人の呪力の圧が半端な事
・魂に触れようとしない事

これらから釘崎は目の前に居る真人が分身で術式を使えないんじゃないかと真人に伝える。

ニヤリと笑いながら正解と伝える分身の真人。

124話へと続きます。

呪術廻戦123話の考察・感想

123話感想

真人にとって釘崎も地雷である事が判明しましたね。
分身が術式使えないというのもかなり真人にとってはネックです。
釘崎もそれに気づいたので今後の展開が気になります。

分身の真人が術式を使えない理由について考察

分身の真人は術式が使えないと判明しましたが
これは真人が自身の身体の一部を変形させるように分身させてるはずです。

一部変形させるのであれば真人本体と繋がってる為術式は使えます。

しかし完全分身した状態だと魂のみが繋がってる為
術式までは分身できないのだと考えられます。

釘崎の攻撃が通る事について考察

釘崎の術式は自身の呪力を篭めた釘を打ち込んで相手を攻撃する「芻霊呪法(すうれいじゅほう)」です。

今回真人がダメージを受けたのは共鳴りですがこれは
対象から欠損した一部に釘を打ち込むことで対象本体にダメージを与える技です。

壊相と血塗戦の時、壊相の血液(毒)が釘崎に流れましたが
この時も釘崎の腕に共鳴りを発動させる事によって、血液を通して壊相にダメージを与えていましたね。

今回分身した真人は本体の真人と魂は繋がっている事は判明してます。
魂は身体の繋がりの中でもかなり強いもの考えられます。

その為分身した真人の魂を通して本体の真人にもかなりのダメージを与える事ができたということになります。

そしてそれは魂を通して分身の真人にもフィードバックしてますので
本当に真人にとって釘崎はかなり地雷な人物だと考察できます。

今後の展開予想

真人の弱点が分かった釘崎は、共鳴りをとにかく打ち込み始めるのかと思われます。
しかし真人も何かしら対策をする可能性がありますので
そう簡単に真人は殺されないのではないのでしょうか。

次回も楽しみですね。

呪術廻戦、合法的無料読破する方法とは

マンガ配信サイトって、最近CMでよく目にしませんか?
CMでも有名なサイトの中でも、一部サービスは無料トライアル中に嘘みたいにポイントをくれるところもあります。

当サイトでは、安心して無料トライアルを試すことができるサイトのみ厳選して紹介していますので、「最新巻を読みたい!」「単行本の続きが気になる...」と思ったら、以下ご参考ください。


呪術廻戦 #渋谷事変


関連記事