【呪術廻戦】呪術師御三家(五条家・禪院家・加茂家)のそれぞれの違いとは

人間が自我の獲得と共に生み出してきた“呪い”は、常に他者を苛み、多くの被害を与えてきた。だがやがて、呪いを体系化された「呪術」で、呪いを狩る者達が現れる。

「呪術師」の誕生である。彼らは非術師を擁護し、歴史の闇に暗躍した。
呪いの祓除を生業とする異能の保持者である「呪術師」たち。その中でも、呪術師の“3大家系”(御三家ともいわれる)がある。呪術師御三家の「五条家」「禪院家」「加茂家」について解説する。


呪術師「五条家」とは

呪術全盛の平安時代、呪術師の中でも突出した家柄が台頭した。”御三家”と称され、現在に至るまで、呪術界の名門であり続けている名家のひとつが、五条家である。

五条家の祖先は、「日本三大怨霊」の1人と称される菅原道真。
無下限呪術を相伝する五条家は、およそ切年ぶりに「六眼」を携えた、現当主にして現代最強の呪術師・五条悟を獲得した。

呪術師「禪院家」とは

「禅院家に非ずんば呪術師に非ず 呪術師に非ずんば人に非ず」

とある平安貴族の言葉を風刺した格言がある。
強力な術式を持つ呪術師達を取り込み、まとめ上げ、歴史の中で揺るぎ無い地位を獲得してきた一族が、禅院家だ。

それ故「投射法」や「十種影法術」など、幾つもの術式を相伝するのがこの一族の強みである。
逆に、相伝術式を継がぬ者は、血族であれ落伍者として人生を始める事となる。

呪術師「加茂家」とは

呪術華やかなりし平安期に台頭し、呪術御三家の中でもその名を轟かせた呪術師「陰陽師」
その血統を受け継ぎ、伝統的かつ、正統派な呪術師の代名詞といえば、「加茂家」である。

呪術界上層部と最も近しい名門中の名門であるのが「加茂家」なのである。

御三家が重んじる血統と術式 御三家を名門たらしめるものは2つ。
1つは “名を継承する血統。そしてさらに重要なもう1つは、「力」を継承する術式である。

加茂家が代々重んじるのは、呪術界の伝統と格式。そして一族の血統と相伝の術式。
自身の血液とそれが付着した物質を操る「赤血操術」は加茂家に相応しい。

だがそんな加茂家の歴史書にも、唯一にして漆黒の汚点が零れ落ちる。

明治初期、歴史上最悪の術師を輩出したのは、他でもないこの加茂家なのである。

明治初期に活躍した加茂憲倫。特異体質を持つ女性を弄び、「呪胎九相図」を作成。その後の消息はぱったりと途絶えている。

無限に肥大した邪な呪術的知的好奇心が、特異体質を持つとある女性に施した所業は、特級呪物として今なお遺り続けている。

呪術廻戦 #用語解説


関連記事