禪院真依(呪術廻戦)の構築術式とは?死亡せずも「場違い」戦力外通告、弱キャラのため裏方へ..

呪術廻戦でも最弱キャラに分類される禪院真依(ぜんいんまい)ですが、禪院家相伝の術式を使うことができず、努力して自ら編み出した術式『構築術式(こうちくじゅつしき)』を取得。こちらでは構築術式とは何なのか、そして、九十九由基に「場違い」と戦力外通告を受けた真依が、今後どのような立ち回りをするのでしょうか。

禪院真依ってどんなキャラ?

名前:禪院真依(ぜんいんまい)
性別:女性
誕生日:1月20日
年齢:16歳
身長:170㎝程度
所属:京都府立呪術高等専門学校二年生
階級:三級呪術師
術式:構築術式
趣味:サボテン
好きな食べ物:ジャンクフード
苦手な食べ物:精進料理
ストレス:東堂
アニメ声優:井上麻里奈

禪院真依(ぜんいんまい)は、『呪術廻戦』の登場人物、呪術師を育成するために設立された呪術高等専門学校の京都校に通う二年生である。
呪術高専東京校に通う禪院真希(禪院真希)とは双子の姉妹である。

呪力をほとんど持ちえない双子の姉・真希とは違い呪力は持っているものの、武器に呪力を籠めて放つことしか出来ないため、禪院家では二人そろって「落ちこぼれ」と言われ雑用係をさせられてきた。
幼い頃は真希と仲が良かったものの、真希が禪院家に反発し家を出たことで真希のことを恨んでおり、度々真希を見下すような発言している。

本当は呪術師なんかにやりたくなかった真依

「真希が呪術師になる道を選んだことで自分もその道を進まないといけなくなった」と言っており、積極的に呪術師として活躍するイメージはない。

四十二話、交流戦で真希との対戦では長年の思いを真希にぶつけるシーン。
妹の真衣との激闘後、禪院家にて真希のせいで呪術師にならざる得ない状況に追い込まれたことから、妹・真衣は涙ながらに「なんで一緒に落ちぶれてくれなかったの…?」と真希を問い詰める場面があった。

性格は姉・真希に反して口調は女性らしくおしとやかではあるが、皮肉屋でかなり毒舌であり相手を煽る発言もする。

禪院真依の術式『構築術式』とは

禪院真依は、禪院家出身であるものの、呪術高専東京校一年生・伏黒(ふしぐろ)のように禪院家相伝の術式を使うことが出来ない。
そのため本人が努力して扱うことが出来るようになったのが無から物を生み出す「構築術式」である

この術式は己の呪力を基に物質をゼロから構築することができ、真依は銃の弾などを作り出すことが出来る。しかし、作り出すには相当の呪力が必要なため真依は一日に一発の弾丸を作るのが限界である。構築術式で一度生成された物質は術式終了後も消えることはない。

庵歌姫先生の解説

銃を使うことで基本的には遠方からの仲間の援護など、長距離において光る術式である。
構築術式を活かすために普段はリボルバー式の銃を使用。

こちらは姉・禪院真希との戦いの際に、放った一発。
これが真希の顔面に直撃するタイミングで放った最後の一発だったにも関わらず、間一髪、真希が直撃手前で素手でキャッチした。

禪院真依の名シーン・名セリフ

姉との関係解消?心の内を吐き出した42話

第四十二話での交流戦で姉・真希との姉妹対決の最中に真依は過去のことを思い出すシーンがある。
この回想シーンでは真希と真依の幼い頃の日々が描かれている。二人は幼い頃はかなり仲が良かったと思われる。

同じく四十二話にて真依は「なんで一緒に落ちぶれてくれなかったの?」と真希に本音をぶつける。禪院家からどれだけ冷たい扱いを受けようと真希と一緒であれば頑張れると思っていた真依に対して、真希はその扱いから逃れようと家を出たため交流戦で真依の不満は爆発した。しかし、このシーンで真依が本音を伝えてから二人のわだかまりは少し解消したようにも捉えられる。

本当は釘崎野薔薇と仲良くなれるタイプ?

常に煽り口調で皮肉な発言を度々する真依だが、五十二話で重面春太(しげもはるた)が呪術高専に侵入、東京校一年生・釘崎野薔薇(くぎさきのばら)と京都校で教鞭をとる歌姫(うたひめ)と戦闘するシーン。

以前まで釘崎とは仲の悪い描写があったものの敵の前では仲がいいのか悪いのかよく分からない『言葉巧みな?』掛け合いが、繰り広げられた。
真依はその口調と態度から性格が悪いと受け取られがちだが、誰よりも姉・真希のことが好きで、本当は他の生徒とももっと仲良くなりたいのではないかと思われる。

禪院真衣のネタバレ考察

渋谷事変にて、禪院真衣は死亡?

呪術廻戦本誌最新話から、禪院真希は死亡しておらず、生存していることが確定。

渋谷事変に遅れて渋谷の到着し、偽夏油傑(にせげとうすぐる)と対戦したものの、「極ノ番うずまき」で生命の危機に陥った禪院真依。その後、四人しかいない特級呪術師の一人である九十九由基(つくもゆき)の参戦によって救出されている。

戦力的に用無し?今後は登場シーン激減か

九十九由基(つくもゆき)に救出されるものの、九十九から「場違い」と言われ、戦闘から外された禪院真依。
姉・禪院真希戦でも、勝ちを確信したリボルバー弾が目の前でキャッチされたことなどを考えると、特級相当レベルの呪霊に対して、銃のダメージは意味をなさないとみられる。正直言って、特級呪霊と戦える力はなく、禪院真依は弱い。

今後は、第一線での戦闘に参加することがほぼ皆無になるとみられ、裏方に回るのか、『構築術式』で何か、高専メンバーの役に立つものを構築する流れになるのか、その可能性の方が高いと見ている。


呪術廻戦 #登場人物


関連記事