禪院真依が死に際に残した「全部壊して」の意図とは【呪術廻戦149話ネタバレ考察】

呪術廻戦149話にて、禪院真依が死亡しましたが、その最期に姉・真希に対して発した言葉を中心に、考察をまとめています。
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌149話の考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦149話のネタバレ

前回までのあらすじ

・禪院家に向かった真希、直哉との関係
・伏黒が当主になる理由
・忌庫の中に居たのは…
・禪院家の作戦
・父と娘の戦い
・扇が当主になれなかった理由

呪術廻戦149話の詳しいネタバレについては、こちらをご覧ください。

呪術廻戦149話の考察・感想

扇が連れ出した部屋について考察

恐らくですがこの部屋は甚爾がかつていた部屋です。
その為甚爾もこの部屋で天与呪縛のフィジカルギフテッドの覚醒に成功した可能性があります。

禪院真依の言葉ついて考察


何かを得るためには何かを捨てなければいけないのですが
一卵性双生児は呪術師の中では同一人物と見なされていましたね。

同一人物であるが故に弊害も大きく、真希が強くなる事を望んでいても
真依がそれを望まなければ成立しないという事になります。

真依は真希の為に術式も何もかも全てを持ち去って
その代わり真希を甚爾のように覚醒させるつもりで自らを犠牲にしていったと考えられます。

真希の刀と結合双胎について考察

真依の死後、真希の手には真依の構築術式によって再生された刀を手にしていました。

真依の構築術式は0から物質を作り上げ、その物質は消えることがありません。

また結合双胎は2人の体の一部が結合している双子の赤ちゃんと以前考察しました。

これは真依が構築術式によって再生させた刀を真希が握り締めてる事で
真希と真依の「手」が結合したという意味合いなると思われます。

幼少期に絶対放さないと真希が言っていましたが、今回で本当の意味で結合したんでしょうね。

その為、真希は今後真依の手を放すことはありませんし、真希の心の中で生き残ると思われます。

禪院真依「全部壊して」発言について考察

真依が話していたこの言葉は真希への呪いであると考察できます。

また恐らくこの言葉と真希の始めるよ、真依という言葉により
禪院家を壊すつもりでいると考えられます。

しかし覚醒した今、甚爾のように全てを壊しかねないので
真希がどのように動くのか今後気になります。

今後の展開予想

乙骨、パンダ、真希と話が続いていますので、おそらく次は狗巻の話になりそうです。
というのも腕を失って以来本誌に登場していませんので可能性がありそうです。

また2年生の話が終わり次第、死滅回游について徐々に明かされていくのではないのでしょうか。

次号巻頭カラーですし今後も楽しみですね。

呪術廻戦 #呪術廻戦考察


関連記事