二月の勝者124話のネタバレ考察|加藤匠の合格発表、難関ラ・サール獲りか

2月の勝者124話のネタバレ考察ですが、今回はRクラスの生徒たちの大半がチャレンジした「小学大学九州」の合格発表。あの問題児の結果も明らかに。
さらに、一人地方の難関校を受験していた加藤匠くん。ついにジャイアントキリング達成か…

こちらでは二月の勝者本誌124話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

2月の勝者124話のネタバレ

前回までのあらすじ

  • 順の大金星、自宅で待つ母
  • 超絶イケメンな息子、島津順!!
  • 埼玉入試初日、受験する生徒は?

第124話『一月の先勝』

山本佳苗・母からの合否報告

1月10日
小学大学九州合否書類の到着日…

桜花ゼミナールにて、黒木一同、講師たちは固唾を呑んで着信を待っていた。
合格発表の書類を受けとった保護者が塾で報告連絡を入れてくるからだ。

一番最初に着信があったのは…

山本佳苗の母からだった。

「あ、はい!小学大九州の結果!はい!」

佐倉は高ぶる気持ちを抑えながら、電話に応対していたが、電話越しの山本佳苗の母からは…

「合格しました」

という言葉を受け取った。

佐倉は興奮を抑えつつ、「ホントによくやったと褒めたいです、はい!」と喜びを爆発させた。

前受け受験は立ち位置を把握するために使え

佐倉が喜んでいる姿を横目に、黒木は冷静にこのように指摘した。

「当校に1年以上通っている生徒なら、小学大九州は全員合格できます。」
「合格はさておき、山本さん宅に送られてきた成績表のことですが、コピーか写メをもらえるようにお話しましたか?」

佐倉は肝っ玉を冷やした。
というのも、それが黒木からの司令だったからだ。

前受受験で重要なことは、合否と同時に「自分の立ち位置を把握すること」

そのため、テストの平均点や受験生全体で何位にいるか、というデータを受験校が開示してくれるため、合否通知と送られてくる成績表がとても重要なデータなのだと黒木は説く。

その後も、桜花ゼミナールには電話が鳴り止まない。
伊東章太郎、武田勇人…と、次々に合格報告が届き出した。

そして、間髪入れずに、成績表を写メかFAXで送ってほしいと頼む講師陣たち。

あの問題児からも合格報告が

「佐倉先生、よかったですね」

黒木が塾に届いたFAXを片手にボソッとこぼす。

そのFAX用紙には、このように書かれてた…

小学代九州中学校
受験番号 1003
今川理衣沙さん
合格しました。おめでとうございます。


当日、講師たちが陣取る受験会場まえに姿を現さなかった今川理衣沙。
ひっそりと受験をし、そして、合格を手にできたことに一安心する佐倉。

そして、その一時間後には「青森黒薔薇」を受験したある生徒の合格も確認できた。

「大内礼央」

橘先生とのそりが合わずに、桜花ゼミナールを離れ、系列校の個別指導塾に主軸を移していた彼女。

大内礼央は試験中に体調を崩して途中退席したが、その後、保健室で受験を続行。
無事に合格を手にすることができたのだった。

鉄オタ・加藤匠が難関校に挑戦、結果は…!?

そして、最後に加藤匠の合格発表。
他の生徒と違い、加藤匠は前受光として地方の難関校「札幌ラ・セーヌ」を受験していたのだった。

~時は変わって、加藤匠家~

加藤匠が小学校から自宅に帰ってくると、家の暗がりに、パソコンを前にしてぐったりと寝込む加藤匠の母の姿があった。

「あれ?!お母さんどうしたの?」

息子が心配して様子を伺うと、母は「ああっ!!そうださっきの!!!」

と慌てた様子で顔を上げ、パソコンを覗き込む。

そして、

「ああああ、、やっぱり夢じゃなかったよ…」

と現実で起こったことだと再認識した結果は…

難関ラ・セーヌ合格という大金星。

春先には勉強に向いていていないと退塾を申し入れていた加藤親子。
そんな匠が目標を見つけてから、偏差値を一気に上げ、難関校に見事合格。

鉄オタ・加藤匠がジャイアントキリングを達成したのだった。

2月の勝者124話の考察・感想

124話の感想

意外な好発進!
加藤匠くんの札幌ラセーヌですが、現実では『函館ラ・サール高校』ですね。偏差値68の超難関校です。

ところで、桜花ゼミナールの生徒たちで今のところ、落ちた生徒はいませんね。

次回以降は埼玉受験の合格発表の流れになるかと思いますが、ΩやAクラス中心の生徒たちの合否発表です。

Rクラスの生徒たちは好スタートを切りましたが、2月の本番に向けた「前受けの結果が悪かったパターン」の事例も用意していると勘ぐってしまいますがどうなんでしょうか。

次回も楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました