呪術廻戦用語・縛り(しばり)とは?天与呪縛(てんよじゅばく)との違い


呪術廻戦作者大好きワード『縛り』とは

呪術廻戦でよく耳にする「縛り」とは、自分や他者と交わす誓約と制約をのこと。
縛りを破った際の罰は計り知れず、呪術における重要な因子となる。

七海さん、縛り狙いで術式を開示

術式の開示や自身への制限も「縛り」であり、呪力を高めるなどの効果を促す。
具体的に言うと、ななみんこと、七海さんが、術式の開示を事細かく、相手に対して言ってましたが、アレも呪術廻戦でいうところの縛り。すごく、術式を開示しているわけ。

上の画像では、ななみんが「頭部、上腕..対象として指定できます」と、事細かに術式を開示していた。

「天与呪縛(てんよじゅばく)」とは

生まれながら肉体に強制される「縛り」を「天与呪縛」と呼ぶ。
制限を対価に強大な効果を得る事ができる。

呪術廻戦 #用語解説


関連記事